セキュリティコードについて

セキュリティコードによる認証とは、クレジットカードによる決済処理に際してセキュリティコードを指定することにより、不正取引リスクの軽減をはかります。

セキュリティコードはクレジットカード番号とは別に印字されているカード裏面(Visa/Masterカード)またはカード表面(American Expressカード)にカード番号とは別に印字されている3桁ないし4桁の番号を指します。

セキュリティコードは、クレジットカード内に磁気情報として記録されておらず、カードリーダー等に通す際にもコードが転送されることはありません。またこのセキュリティコード(3桁または4桁の数字)はカード利用伝票、明細書等に明記されることはありません。したがってセキュリティコードを実際に持っているカード会員のみが知ることのできる、この番号の入力を促すことでオンライン上でのカードによる決済処理に際して、不正取引リスクへの対策効果を高めることができます。

各カード会社で、この番号に独自の名前が付けられています。

また、一部のカードについては、セキュリティ・コードが、カードの表側の右手横、クレジットカード番号上に4桁で記されている場合もございます。

【ご注意】
日本国内におきましては、すべてのクレジットカード発行会社がセキュリティコードに対応している訳ではありません。セキュリティコードの印刷のないカードを利用した場合、例えば任意のセキュリティコードを入力したとしても、与信承認はOKとなります。また、セキュリティコードに対応しているカードについても誤ったセキュリティコードを入力した場合、与信取得に「セキュリティコードの入力が誤っている」というエラーではなく、「一般的な与信拒否」などとして処理されることもあります。

閉じる